老いてピンボケ独り言

行き当たりばったり、右往左往の写真日記です。

時に、雨の日は映画鑑賞。

山田洋次監督50周年記念作品東京家族を観てきた。


瀬戸内の島から、老夫婦が三人の子どもに会うため、新幹線で東京にやってくる物語。
名作小津安二郎監督作品「東京物語」の現代版。

親と子の姿を通して、家族の絆、子ども達の生活を描いている。
映画を観て、老親、夫婦、親子、恋人等で共通点を抱く人はいるだろう。

この映画を観て、暗いイメージは残らなかった。
家族の絆が未だ残っている、優しくて余韻が残る映画だった。



今年も、玄関前の蝋梅(鉢植え)が咲きだした。
蝋梅
02/15 08:54 Canon EOS5DmarkⅡ+EF100mmマクロ 絞り優先AE(1/640 F5) 露出補正:+1/3 ISO:1600

 
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
  1. 2013/02/15(金) 19:20:01|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もう一度見たい邦画

雨の中、街まで出かけた帰りにビデオレンタル店に寄る。

VHSと違い、DVDのジャケットカバーは、字が細かく、キャッチコピーやあらすじが読みにくい。
でも、時の過ぎるのが忘れるほど、とても楽しい空間だ。

ところで、タイトルのとおり、もう一度見たい邦画が1本だけある。
「野を駆ける少女」である。
高校生(1年か2年生)の頃、町(高田か直江津)の映画館で見ている。それとも学校かな。

都会の学生が受験勉強のため、高原(田舎)で過ごしたひと夏の青春物語だったと思う。

インターネットで見ると、
日活映画、1958年製作。
俳優:山本豊三、桑野みゆき、望月優子、三上真一郎ほか
原作:田宮虎彦、舞台:信州富士見高原。

丘の上から、学生の乗った蒸気機関車を見送るラストシーンが懐かしく、印象に残っている。
ビデオ、DVDにはなっていないようだが、原作だけでも読んでみたい。

↓ 店内  2011.10.26 10:40
ビデオレンタル






  1. 2011/10/26(水) 20:30:47|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

小さな公園

Author:小さな公園
FC2ブログへようこそ!
老人夫婦と雄猫一匹の暮らし。

フリーエリア

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

フリーエリア


写真日記 ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
植物 (191)
生き物 (106)
猫・犬 (23)
猫ハチ物語 (49)
五智公園 (104)
写真週刊 (206)
写真 (54)
健康と医療 (69)
季節 (91)
天候 (171)
暦 (26)
海岸 (158)
春日山城跡 (55)
イベント (74)
風景 (112)
花と昆虫 (155)
山 (37)
町内会 (12)
街 (9)
芸術 (15)
旅行 (18)
鳥 (109)
鉄道 (55)
整理 (4)
ブログ (4)
思い出 (12)
上越市浦川原区 (15)
仲間 (3)
映画 (2)
三の輪台 (5)
糸魚川市 (6)
ケータイから (15)
ドライブ (7)
人物 (10)
物 (7)
光景 (29)
薬用 (4)
歴史 (5)
建物 (4)
買物 (4)
観る (2)
独り言 (1)
月と太陽 (19)
友達 (3)
樹木 (79)
三・八朝市 (20)
寺・神社 (12)
水族館 (9)
園芸 (45)
昆虫 (54)
野菜 (6)
野草 (33)
高田公園 (2)
憲法9条 (57)
動画 (0)
自動車 (4)
湖沼 (1)
乗物 (1)
遊び (1)
月 (9)
気象 (7)
空 (15)
光 (6)
学校 (5)
道 (2)
川 (1)
カメラ (1)
記念 (1)

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

お気に入り

当ブログは、リンクフリーです。

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR